banner

最近の投稿

ヌメ革の革財布

ヌメ革の革財布について


革財布の中で柔らかな光沢があるものがあります。ヌメ革の製品です。ヌメ革とは、タンニンでなめした後に人工的な染色などが施されていないものです。長年使い込んでいくにつれ、飴色になってくることが特徴で人気があります。革本来の風合いが生かされ、柔らかな手触りでありながら、とても丈夫です。初め購入する時、白っぽい感じの革財布です。しかし、使っていくにつれ、どんどん飴色に変化していきます。

上手く育てるためには、日光浴が良いです。日当たりの良いベランダや部屋の中などで、太陽の光にあてておくと、全体の表面に膜が出来ます。この膜のおかげで丈夫になるのです。日光浴をさせる期間は夏場だと1ヶ月程度、冬場だと2ヶ月程度です。しかし、あまり日光浴をさせすぎると、革の風合いが失われてしまうため、注意が必要です。また、時々、短期間で色が変わってしまうものもあります。1週間程度で茶色になってしまうものもあるので、注意深く観察しながら行うようにしましょう。

普段の手入れとしては、馬毛ブラシで行います。縫い目などについたホコリなどを手早く、優しくはらっていきます。これらのホコリがついたままにしておくと、シミや汚れになってしまうので、こまめな手入れが必要です。また、時間がある時や、少し革の表面がかさついていると感じた時は、コットンクロスなどに保湿クリームなどをつけて丁寧に拭いましょう。ツヤが出て、しっとりとします。
その他、ヌメ革の革財布で避けた方がよい事は水です。人工的な塗料や染色などがされていないため、水が染み込みやすく、シミになりやすいですので、注意が必要です。

長期間、使わない場合も通気の良い場所に保管し、時々は出して手入れを行うようにしましょう。また、温度差が激しい場所に保管しておくと、革の内部にある油脂が吹き出て白い粉をふいたような状態になることがあります。このような時は柔らかい布などで優しく擦ると、また革の内部に戻っていきます。

その他、ヌメ革の革財布は革本来の風合いを生かしたものであるため、独特のキズがあります。バラキズやトラ、チスジ、毛穴などです。これらのキズも独特の魅力ととらえて使うことが大切です。
このように、ヌメ革の革財布はとても魅力的な財布です。長年大切に上手く育てていくことで、丈夫になりますし、きれいな飴色にもなります。長く使っていくためにも、こまめな手入れをして大切に扱ってあげましょう。

メンズの長財布

メンズの長財布のおすすめ


男性でもおしゃれな人がいるものです。しかし女性と違って、拘れるアイテムに限りがあるのがメンズのファッションです。男性が拘れるファッションアイテムといえば、時計、財布、靴、ネクタイ程度とごく限られた範囲です。その中で他の男性よりも一歩抜き出たオシャレを目指すのであれば、ネクタイや時計ほど目立たない財布にまで気を抜いてはいけません。財布は自分が思っている以上に多くの人が注目しているアイテムなのです。男性は様々なシーンで財布を出す機会があるのです。取引先との接待で会計を行う時、友人との飲み会の後、デートで彼女を食事に誘った時、同僚と昼休みに食事に出たた時、コンパに参加した後など、男性が思っている以上に人前で自分の財布の出し入れが行われているものなのです。こうしたシーンでよく目にするのが二つ折りの革財布です。サラリーマン男性の多くがこの二つ折り革財布をよく持っているものです。それはスーツのズボンのポケット、後ろズボンポケットにすっぽりその二つ折り財布が納まり、持ち運びが楽だからです。しかしこの二つ折り財布は多くの人が持っていてあまりに定番であり普遍的なために、サラリーマンの財布の代表格のようなものになってしまっているのです。その財布を女性や第三者がみても、決してオシャレであるとも感じず、他の男性よりも一歩先を行っているとも感じることはないのです。しかしこうした様々なシーンでサラリーマンが革の長財布などを取り出し支払いを行っていると、非常に人々の関心を引き、特に女性は魅力的な男性だと感じたりするのです。長財布は二つ折りの財布と違ってフォルムが横長のためズボンの後ろポケットにおさめることはできません。そのため長財布をスーツのジャケットの内ポケットや、ビジネスバッグの中に収めることになるのです。サラリーマン男性が長財布を鞄やスーツの内ポケットから取り出すことは珍しく、そのしぐさが女性にとっては新鮮でスマートな男性に感じてしまうのです。長財布を持っていることの多い男性は、医師や弁護士、会計士、会社経営者など一般的に高収入な男性に多いものです。彼らは自分で開院したり、会社を起こしてけいえいしているために、お金の管理にシビアであり領収書などをたくさん財布に収めておく必要があることから、収納力抜群の長財布を持っていることが多いのです。こうした背景から、長財布を持っている男性はある程度社会的地位や収入を多く得ている人のイメージがつきまとい、それをもつ男性の格やクラスを高めてくれるのです。

Copyright(c) 2014 長財布の面白い活用法 All Rights Reserved.