banner

三つ折りの革財布

三つ折りの革財布も捨てがたし


財布はお金の持ち運び、金銭の収支管理に欠かせないアイテムです。そのため財布に人一倍強いこだわりを持つ人も多いものです。特に男性は、そもそも小物やアイテムを女性より持ち運ばないので、財布だけはせめて拘りたいとして、非常に良いものを持つ傾向にあるのです。男性は仕事をするうえで、頻繁にお客様の接待などで財布を人前に出す機会が多いものです。ある種財布は時計や靴と並んで男性の信用をアピールする道具ともなり得ます。そのため、たかが財布選びと軽く見るのではなく、男性は拘った財布選びをするべきだと言えます。男性はビジネスシーンでもあまりバッグを持ち運ばない人が多いものです。そのためジャケットの内ポケット、ズボンのポケットなどに収まりきらない財布は避けた方が良いでしょう。長財布などはカード類、領収書まで非常にたくさん収納でき金銭の収支管理に最適ですが、ズボンのポケットから飛び出してしまい、不恰好だと言えるのです。またこうした状態であるとスリ被害に遭う可能性も高く、不用心です。そのため男性であれば手にコンパクトにおさまり、ズボンやジャケットの内ポケットにも収まる三つ折りの革財布が最適だと言えます。三つ折りの革財布は、二つ折りの革財布と比較しても、そのフォルムが非常に高級感があって非常に品性を感じるものとなっています。こうした財布をさり気なく持っているとその人の品格が向上し、しいては社会的信用を高めるものとなるのです。三つ折りの革財布は端にスナップボタンが取り付けられてあり、財布をコンパクトにし、フォルムを綺麗に維持する役割があります。二つ折りでは、こうしたスナップボタンが無いために、小銭入れやカード収納部分がダイレクトに丸見えになっています。しかし三つ折り財布は端にスナップボタンがあることで小銭入れやカード収納部分がダイレクトに外部から見えない構造になっています。それゆえ品性や格、高級感というものが醸し出される訳なのです。しかしながら小銭入れを巻き込む構造の三つ折財布は、小銭をたくさん入れてしまうと蓋の役割である端のスナップボタンが閉まらなくなってしまいます。財布自体が非常に分厚くなってコンパクトさを欠いでしまうので、あまり小銭を持ち歩かないようにしなければいけません。しかし小銭を沢山持ち歩けないと言うことはそれだけ頻繁に財布の整理をすることになります。すると必然的に無駄遣いがなくなり、お金をためやすい体質になっていくこともできるのです。

Copyright(c) 2014 長財布の面白い活用法 All Rights Reserved.