banner

メンズの長財布

メンズの長財布のおすすめ


男性でもおしゃれな人がいるものです。しかし女性と違って、拘れるアイテムに限りがあるのがメンズのファッションです。男性が拘れるファッションアイテムといえば、時計、財布、靴、ネクタイ程度とごく限られた範囲です。その中で他の男性よりも一歩抜き出たオシャレを目指すのであれば、ネクタイや時計ほど目立たない財布にまで気を抜いてはいけません。財布は自分が思っている以上に多くの人が注目しているアイテムなのです。男性は様々なシーンで財布を出す機会があるのです。取引先との接待で会計を行う時、友人との飲み会の後、デートで彼女を食事に誘った時、同僚と昼休みに食事に出たた時、コンパに参加した後など、男性が思っている以上に人前で自分の財布の出し入れが行われているものなのです。こうしたシーンでよく目にするのが二つ折りの革財布です。サラリーマン男性の多くがこの二つ折り革財布をよく持っているものです。それはスーツのズボンのポケット、後ろズボンポケットにすっぽりその二つ折り財布が納まり、持ち運びが楽だからです。しかしこの二つ折り財布は多くの人が持っていてあまりに定番であり普遍的なために、サラリーマンの財布の代表格のようなものになってしまっているのです。その財布を女性や第三者がみても、決してオシャレであるとも感じず、他の男性よりも一歩先を行っているとも感じることはないのです。しかしこうした様々なシーンでサラリーマンが革の長財布などを取り出し支払いを行っていると、非常に人々の関心を引き、特に女性は魅力的な男性だと感じたりするのです。長財布は二つ折りの財布と違ってフォルムが横長のためズボンの後ろポケットにおさめることはできません。そのため長財布をスーツのジャケットの内ポケットや、ビジネスバッグの中に収めることになるのです。サラリーマン男性が長財布を鞄やスーツの内ポケットから取り出すことは珍しく、そのしぐさが女性にとっては新鮮でスマートな男性に感じてしまうのです。長財布を持っていることの多い男性は、医師や弁護士、会計士、会社経営者など一般的に高収入な男性に多いものです。彼らは自分で開院したり、会社を起こしてけいえいしているために、お金の管理にシビアであり領収書などをたくさん財布に収めておく必要があることから、収納力抜群の長財布を持っていることが多いのです。こうした背景から、長財布を持っている男性はある程度社会的地位や収入を多く得ている人のイメージがつきまとい、それをもつ男性の格やクラスを高めてくれるのです。

Copyright(c) 2014 長財布の面白い活用法 All Rights Reserved.