banner

柔らかい革財布

柔らかい革財布が人気の理由


日本人は毎日使うものには非常にこだわりを見せるものです。下着一枚にしても、肌触りがよく感触の良いものを求め妥協を許しません。また日用品のトイレットペーパーですら、肌触りを徹底して追及し商品開発がなされています。そのため日本のトイレットペーパーは世界で最も柔らかく、感触が良いとグローバルに知られるところになっているのです。こうした感触、肌触りというものは、財布に対しても日本人は追求するのです。毎日財布を持っていて肌馴染みがよく、持ったときの感触が良く愛着がわくかどうかということに日本人は深いこだわりを持つのです。こうした場合に柔らかい革財布を購入し持つと良いと言えます。特にイタリア製などのシープスキンは非常にソフトで、薄く革をなめしているので非常に柔らかい感触で、持っていると気持ちが良いほどです。しかしながらこうしたシープスキンで薄くなめした革財布は、耐久性などに問題が見られることが多いのです。柔らかい革財布ゆえに、爪でひっかいたり、物にぶつけたり、落下させてしまうと、いとも簡単にその革に傷がでくたり、めくれや擦れができやすいのです。そのため長年使い続けるには問題が多いのは確かなのです。また薄く、やわらかい革財布はほつれも起きやすく、修理で縫製しなおしてもらうと、さらに革が傷み磨耗してしまう性質があります。また水や雨などにも弱く、シープスキンは水の輪ジミなどもつきやすいのです。やはり財布はその感触ばかりにこだわりを持って選ぶのではなく、毎日使うものだけに耐久面などにも着目し選ぶことが大事だと言えるのです。同じ革財布でも牛革で防水コーティング加工などされているものは、耐久性に優れ丈夫であり比較的長く使い続けることができます。シープスキンと違い、柔らかさの点ではどうしても劣ってしまいます。最初はごつごつし、ズボンのポケットに入れていても角がぶつかって痛みを覚えたりもするものです。しかし牛革の財布は何ヶ月か使いこんで行くうちに、徐々に肌に馴染んで革が柔らかくなっていきます。使い続けて一年も経過すると自分の肌に非常に馴染み使い勝手がよくなって、愛着がわくようになるのです。また牛革でコーティング加工されたものであると傷や擦れもつきにくく、修理に出しても革が完全にダメになり使い物にならないといったことは起こりません。牛革はその丈夫さ耐久性が優れる性質上、クロコダイルやオーストリッチの型押し加工、エナメル加工など応用することもでき、デザインの幅が広いのです。

Copyright(c) 2014 長財布の面白い活用法 All Rights Reserved.